●見返りを求めない
一年をかけて男女に関係する様々なイベントがあります。

順にあげていくと:
バレンタイン、ホワイトデー、花火大会、お祭り、クリスマス、お互いの誕生日。

このうち、プレゼントを渡すという行為が関係してくるのは:
バレンタイン、クリスマス、誕生日。

1 年にたったの3 回になります。

男性にしてみたら、あなたから何をもらうのかを、ワクワク期待しながら待っています。
たとえそれが自分好みのものでなくとも関係ありません。
私たちはプレンゼントをもらえたという行為だけでうれしいのです。
そのような純粋な気持ちで私たちは待っています( 笑)
なのに、「彼はお返しに何を買ってくれるだろう」と考えながら
プレゼント選びをしている女性も実は多いのではないでしょうか?

「わたしはこれだけのものを買ったんだから、あなたからはこれだけのものを
期待しているよ」といった感じに。
そういった気持ちを男性は感じ取ってしまいます。
そのような気持ちを感じとった瞬間、どんな高級腕時計をプレゼントされても、
あまりうれしくありません。

私たちが求めているのはあなたの気持ちです。
意外と女々しい生き物ですよ。

「○○に似合うと思ったから」
「○○のあの服に絶対合うと思って」
「○○、前から欲しがってたじゃん^ ^ 」( 覚えていてくれたんだ)
と、ちゃんと考えて買ってくれたものに対してはとても喜びを感じます。

自分のためにわざわざ時間を割いて、大切なお金をつかって、色々と考えて買
ってくれたのだなー と、暖かい気持ちになります。

また、イベントごとに限らず、なにもない日に
「これ、このまえ街中でみかけて、○○っぽいと思ったから買ってみた」と
急にプレゼントされると、ストライクですね。

「普段から俺のことを考えてくれてんだ^ ^ 」 と、あなたのことを意識する
ことでしょう。
好きになってもらいたいという気持ちで買うのではなく、
相手の喜ぶ顔を見たいなー という気持ちで与えてください。

そして、プレゼントに限らず、日ごろから与えることを意識してください。
起きれないと思ったから朝電話したとか、
疲れているからマッサージをしてあげるとか、
男が意識もしていない細かなところにあなたが気づき、
その部分で相手に与えてください。

見返りを求めずに与えてみてください。
人生とはおもしろいもので、
見返りを求めずに与えつづけると、
回りまわって、すべての良きことがあなたに戻ってきます^ ^

あなたのオーラ、雰囲気、運などがとても良いものになります。

だまされたと思ってやってみてください。
実行して頂いたら分かると思うのですが、
自然と男性もあなたに与えるようになります。
何かを与えられたら、笑顔と感謝の気持ちをしっかりと表現しましょう。
あなたの笑顔と感謝の気持ちが、男性の心の栄養です。
女性は受け取り上手である必要があります。
今回はあえて、見返りを求めずに与えましょうという意味合いのタイトルをつ
けましたが、
女性である以上、やはり受け取り上手でなくてはなりません。
与えたくなる女性・与え続けたくなる女性を目指してください。
物だけでなく気持ちに対しても受け取り上手な女性である事が不可欠です。
受け取り上手は、
もらえたら感謝して喜ぶ。ポジティブな感情表現が豊かです。
もらえなかったら、不満は水に流し、感情を自分で処理できる。
依存的な人は、
もらえたら感謝して喜ぶ。ポジティブな感情表現が豊かです。
もらえなかったら、不満を男性にぶつけます。
犠牲的な人は、
もらえたときの感謝と喜びが小さい。
もらえなかったら、不満を飲み込みます。
もうお分かりいただけたと思いますが、この3 者でしたら、当然受け取り上手
が男性に好かれます。

ただし、もらえるのが当然と思った瞬間に
男性にとってあなたは重くなりますので気をつけましょう。
では受け取り上手の例も少し挙げておきますね。

形あるプレゼント・形の無いもの( 言葉やデート場所、食事) どちらも同様に
相手に何かをもらったら、まず一番に最高の笑顔を返しましょう。
そして、子供のようにはしゃいでしまって大いに結構です。
男性はそんなあなたを見て、確実に

「かわいいなぁ。連れてきてよかった。」
「こんなに喜んでくれるなんて。奮発してよかった」
「今度は○○をあげたいな。」「またどこかに連れて行きたいな」
と、思います。
あなたの最高の笑顔をまた見たいと思うからです。
また、家に帰ってからメール等で再度お礼を伝えると男性の充実感が更に増し
ます。

喜びは言葉や態度で表すことがとても大切です。
受け取り上手な女性は愛され上手でもあります。
あなたの為にがんばろうと思わせる女性になりましょうね^ ^

☆あなたは何も求めず、相手に何かを与えていますか?感謝は上手に伝えられ
ていますか?