ここからからはシチュエーション別で好かれる仕草をご紹介します。

【女性が子供のように振舞うとき】

幼稚園のころによくある話ですが、自分の好きな子をからかう男子。

何歳になってもこの心理は変わらないと思います。
結局は相手の表情の変化や、相手にされている感じがたまらなく好きなのです。

相手をからかったときに、女性が子供のように言い返してきて
二人でじゃれあうことをいまだに楽しめたときに
男性はあなたを「かわいいな~」と思います。

個人的には、からかったときに女性が【ぷーっと頬をふくらます】なんて好きな仕草です。

さっきまでは、凛とした大人っぽい雰囲気をまとっていた女性なんかが、
一気に精神年齢が急降下すると、男性はあなたに可愛げと魅力を感じます。

常に大人の女性でいる必要はありません。
たまにはリラックスして、子供に戻るのも男の心をゲットできるコツのひとつ
なのですね。
【何かをやり遂げて会いにくる女性】

これは、デートのとき、または、恋が始まるか始まらないかの時の仲間うちの
集まりに良く見られます。

平日の仕事をこなし、「ああ、間に合った」という表情で待ち合わせに現れたときの
脱力の表情に男性は思わずほっとした「可愛さ」を感じてしまいます。

「そんなに楽しみにしてくれて、俺のほうこそ、君と会えるだけで幸せだよ」そう男性は感じます。

彼女の顔には「早く会いたかった。この時間のために一週間仕事をがんばって
こなしてきた」と書いてあるのです。( 少なからず男たちにはそう見えます)

なかには、久しぶりにデートしたときに「早くこうして二人きりになりたかった」
とほっと肩の力を抜いて寄り添ってくる女性もいます。
そんな仕草にオトコは心から喜びを感じます。
男性からすると、自分だからこそこういう姿を見せてくれている、そう思います。

女性の背負ってきた一週間と、今この時間との狭間に生まれた「ホッとした
笑顔」。本当の彼女に戻る「変身の瞬間」はとても魅力的です。

その一週間に果たして何が起こっていたのか?
それを男性が聞いてみると、そこには男性でも顔負けの、
責任の重い職務をこなし、プロフェッショナルとしての毎日を
彼女が過ごしていることに関心してしまいます。

「この俺( 達) との時間をそんなに楽しみにしていてくれたなんて・・。よし
俺ががんばって盛り上げるぞ」なんて、男性の心に火をともしてくれます。

好きな人と会った瞬間、是非あなたもその喜びを噛み締め「思いっきり脱力」
をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

【たくさん食べる女性】

勘違いしないでください。
ギャル曽根さんなみに食べる必要はありません。

むしろそんなことをしたら、男は二度とあなたを外食には誘わないこと
でしょう。
ここでお伝えしたいのは・・・

普段、女性というのは、男性の前だと食べる量を控えがちです。

これはたぶん【小食のほうが可愛げがある】と思っているからでしょう。
しかし、これは間違いなのです。

男性は自分がおいしいと思ったレストランやカフェに連れて行ったのに、
女性が控えめに食べていると

「うーん・・・ここの料理、好きじゃないのかな。失敗したかー。」と不安が募ります。

おいしいものを目の前にして、これでもかひというぐらいに食べる女性。
「よく食べるね~ 大食いだね~」とからかっても、「だって美味しいんだもん」とめげずに食べる姿。

ずっと美味しそうに食べて、最後に満足そうな表情をされると大変うれしいものです。
こういった女性に男性は魅力を感じます。

「よし、また美味しいお店を探して、連れていってあげよう」と内心燃えています。

美味しいものは相手に伝わるぐらい美味しそうに食べて、満足いくまで食べる。
これがまた美味しいレストランにつれていってもらえるコツですね。
・・・つづきます・・